ホーム > おまじない > 復縁に効くおまじない > 花の種

花の種を使った復縁に効くおまじない

一度破たんしてしまった関係をリセットし、もう一度最初からやり直すためのおまじないです。
よりを戻す・やり直すというよりは、元恋人ともう一度出会うところから始め、新たに関係を築いていくという効果があります。
二人の仲がとんでもなくこじれたまま別れてしまった場合や、修復する余地もなく完全に関係が終わってしまった場合におすすめ。
お互いに過去は過去として水に流し、もう一度新鮮な気持ちを持つことができるでしょう。
このおまじないを行うことで、再び出会いのチャンスが訪れるはずです。
相手と連絡が取れない人や、相手が遠方に行ってしまった場合にも良いでしょう。
まるで以前付き合い始めた頃のように、心がときめくような運命の再会を果たせるはず。
そのままお互いに自然と惹かれあい、復縁を叶えられます。

用意するもの

花の種
ストロー
植木鉢

やり方

1、まずは花の種を用意します。
朝顔やガーベラなど種類は何でもOKですが、植木鉢で育てられるタイプにしてください。
2、花の種をティッシュなどに包み、枕の下に置きましょう。
そして二人が復縁しているイメージを強く持ちながら眠りにつきます。
3、植木鉢を用意します。
大きさは育てる花の種類に合わせましょう。
その植木鉢の底に、相手の名前と自分の名前をマジックなどで記入してください。
4、土を入れ、花の種を埋めます。
水をやり、育てていきます。
5、ストローを1本用意してください。
6、毎日、朝起きたらまず「おはよう」と植木鉢に向かって挨拶をし、ストローを使って花の種を植えたあたりに息を吹きかけます。
自分の声を届けるイメージです。
7、花が咲く頃には、復活愛を叶えることができるでしょう。

花の種は「芽吹く」という意味を持つことから、恋愛成就や願望達成の象徴です。
特に一度咲いた花が枯れてしまっても種が残り、そこから再び花を咲かせることから、復縁に効果があるアイテムとされています。
その花の種の力を借りて、復活愛を達成させるというおまじないです。
願いを込めた花を大切に育てることで、花が咲くように見事に復縁を叶えることができるはず。
ストローを使って言霊を送り込むことで、より効果が強力になるでしょう。
ストローを使ってかける言葉は、「おはよう」だけでなく「早く会いたいね」「私に会いに来て」など何でもOK。
良い言葉をかければかけるほど、効果も高まっていきます。
ただし花の世話を怠ると効果がなくなってしまうので気を付けてください。
小まめに水をやり、日当りの良い場所に置いてあげましょう。