ホーム > おまじない > 復縁に効くおまじない > 新聞紙

新聞紙を使った復縁に効くおまじない

これは復縁のおまじないの中でもかなり有名なのでご存知の方も多いのではないでしょうか?
古くから言い伝えれているおまじないのひとつです。
古くから現在まで言い伝えられていると言う事は実際に効果があるからなんでしょうね。
実際にこのおまじないを試して1年後に別れた彼から連絡があった人に直接話しも聞いたこともあります。
なので掲載させていただきました。

用意するもの

新聞紙
赤色のペン
ライター

やり方

それではさっそくやり方です。
まず新聞紙を用意します。
1、新聞紙を10センチ四方の正方形にします。
2、その切った新聞紙に赤色のペンで復縁したい人のフルネームを大きく書きます。
3、その新聞紙を二日間持ち歩きます。
4、三日目にその新聞紙を燃やします。
5、燃えて灰となった新聞紙を手の平に乗せ、その灰を見つめながら「愛しい人、また、またね」と声をかけ灰をふっと息でふきます。

このおまじないをして別れた相手から連絡が来た、などの話しをよく聞きます。
効力としては、私が聞いた話しからだと、2年程でしょうか。
手軽にできますし、リスクも何もありませんので是非お試しください。
また、おまじないと一緒に、あなたの復縁できる確率を占ってみませんか?
復縁できる確率、今現在の自分の運勢を知り、それらが高まっている時におまじないを実行すると復縁できる確率は何倍にも高まりますよ。